顧客の意思の実現がコンサルタントの道

IT業界におけるコンサルタントはシステムエンジニアから生まれてきている人が多く、その経験が強く生きる業種です。
その基本的な仕事は顧客が抱えている問題を理解し、それに対して情報技術を駆使した解決策を発案するというものです。一口に言ってしまうと簡単そうに見えますが、この過程で最も難しく専門性を有することは、顧客が頭にもっている問題に対するイメージをコンピューターで解決可能なITの世界の考え方に翻訳し、具体化するという作業です。

システムエンジニアと異なるのは、より情報技術よりも具体的に抱えている問題を注視することであり、依頼主である顧客の達成したい目標に沿うように戦略を立て、その満足を得られるようにヒアリングを繰り返して行くという点です。
そして、実際にシステムエンジニアやプログラマが具体的な戦略を立ててシステムの構築を行う際にも顧客の意思を反映させるべく仕事にかかわり合い、その途中過程であっても顧客に情報を提供して、もっているイメージとのずれがないかを確認し、適宜修正を加えていくという作業をしていくのです。

言うなれば、顧客のイメージを忠実に現場に伝えて求めるものを作り出すためのマネジメントを行っているのです。具体的な仕事はほとんどが別のシステムエンジニアやプログラマによって担われているものの、実際には顧客からのクレームをいかに反映させるかというところがとても難しく、その対策を立てるのに多忙となるのが特徴と言えるでしょう。

多忙であるシステムエンジニアですが、その職種を目指す人はたえません。その理由は、未経験からでも目指せ幅広く活躍できる職種であることがあげられるでしょう。職種別の魅力について書かれたこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>